【自宅トレ】寝ながらできるくびれ作りに効果的な筋トレのやり方!

自宅で寝ながらできるくびれを作る筋トレ「レッグワイパー」のやり方を詳しく紹介していきます!

この筋トレはわき腹にある腹斜筋というくびれに欠かせない筋肉を集中して鍛えることができます。

レッグワイパーを正しいフォームで行うことができれば、どんどんお腹まわりが引き締まっていきますし、腹圧が高まり姿勢を良くすることもできますよ!

ぜひこの記事と動画を参考にして効果的にくびれを作ってくださいね。

それでは一緒にやっていきましょう!



「【自宅トレ】寝ながらできるくびれ作りに効果的な筋トレのやり方!」がオススメの人!

・最近お腹まわりがたるんできた人

・引き締まったくびれがほしい人

・姿勢を良くしたい人

・自宅でできる筋トレを知りたい人

・体幹を鍛えたい人

・ダイエットをしたい人

【自宅トレ】寝ながらできるくびれ作りにオススメの筋トレのやり方とポイント!

『【自宅トレ】寝ながらできるくびれ作りにオススメの筋トレのやり方とポイント!』は約5分の動画で、くびれ作りに効果的な筋トレ「レッグワイパー」のやり方やポイントを解説しています。

今回の筋トレを行うことで、お腹のくびれを作ることができたりダイエットにも効果的なので、ぜひ参考にして一緒にやってみましょう!

用意するもの(服装や道具など)

今回は特に用意するものはありません。

十分床でもできますが、ヨガマットを持っている人は使ってください。

服装は動きやすい服装であれば普段着でも大丈夫ですよ。

くびれ作りに効果的な筋トレのやり方!

今回行うレッグワイパーは仰向けに寝ながら、足を車のワイパーのように左右に動かして腹斜筋を鍛えていきます!

回数は20回(10往復)を目安に行ってください。

それでは詳しいやり方とポイントを画像と一緒に解説していきます!

スタートポジション(1分16秒~)

スタートポジションはまず仰向けに寝ます。

仰向けに寝たら腕を真横に開いて、股関節と膝を90°に曲げましょう。

これで準備完了です!

動かすときのポイント(1分42秒~)

レッグワイパーの動かすときのポイントは、車のワイパーのように左右に動かすことと、骨盤と足が一体になっているイメージで行うことです。

動かすときに多いのが、骨盤はほとんど動かずに膝だけ動いてしまうことがあります。

膝だけが動いてしまうと、体幹のねじれが減少して腹斜筋への刺激が減ってしまいます。

なので、骨盤と足は一体のイメージで行った方が効果的に行うことができるのです!

レッグワイパー実践!(1分56秒~)

先ほどのポイントをしっかり意識してレッグワイパーを行いましょう!

正しいフォームで行うことで、お腹の筋肉がしっかり使うことができます。

回数は20回(10往復)を目安に行ってください!

ポイント

・股関節と膝は90°に保つ。
・骨盤と足は一体のイメージで行う。

レッグワイパーについて多い質問(2分14秒~)

「足をどこまで倒していいのか?」という質問をよくいただくのですが、答えは両方の肩甲骨が浮かないところまで倒すことです!

なぜ両方の肩甲骨が浮いたらいけないのかというと、肩甲骨が浮くと体のねじれが少なくなってしまうからです。

肩甲骨が浮くということは、上半身も一緒に倒れているということになるので腹斜筋への負荷が減ってしまいます。

なので腹斜筋への負荷を減らさないために肩甲骨は浮かないように注意しておきましょう!

ただし、肩甲骨が浮かないようにすることを意識しすぎると腕や肩に力が入りすぎてしまうので、そこは注意しましょう。

レッグワイパーに多いエラー動作(2分57秒~)

レッグワイパーに多いエラー動作は「股関節が曲がりすぎてくる」という動きです。

股関節が90°より曲がりすぎると、負荷がかなり軽くなってしまいます。

どうせ20回行うのであれば、正しいフォームで適切に負荷をかけていきたいですよね!

簡単にできる人はこちら!(3分27秒~)

膝が90°で簡単にできる人は、少し膝を伸ばしてみてください!

そうすることで負荷が上がってトレーニング効果が高くなります。

肩甲骨が床から浮きやすくなるので、膝を伸ばして行う場合は注意してくださいね!

くびれ作りに効果的!腹筋の筋トレ5種目のやり方やポイント!

30秒でできる!くびれに効果的なストレッチのやり方やポイント!

出産で伸びたお腹の皮を戻す産後ダイエットのやり方やタイミング!

産後のお腹のたるみを取る効果的なダイエット方法とポイント!

くびれ作りに効果的な筋トレのメリット・デメリット

メリット

・くびれを作ることができる

・お腹まわりを引き締めることができる

・体幹を鍛えて安定させることができる

・姿勢を良くすることができる

・便秘を改善することができる

・自宅で行うことができる

デメリット

・腕や肩に力が入りやすい

・翌日に筋肉痛がくる可能性がある

・どのくらいで効果が現れるのかわからない

まとめ

以上『【自宅トレ】寝ながらできるくびれ作りにオススメの筋トレのやり方とポイント!』のやり方やポイントでした!

今回解説したレッグワイパーを正しいフォームで行うと、効果的にくびれを作ることができます!

やり方も難しくなくてシンプルにできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

宮原恭樹のプロフィール

宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

大阪府出身 1994年生まれ

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)
・赤十字救急法救急員
・トリガーポイントマスタートレーナー

【 コメント 】

初めてパーソナルジムへ行く時は、どんなトレーナーが指導をしているのか不安になりますよね。

私の1番のこだわりは、カウンセリングを行いながらお客様の緊張をほどいて、ストレスなく楽しんでトレーニングを受けていただくことを常に心がけていることです。

なりたい女性像や今抱えているお悩みなど、カウンセリングの時間をしっかり取ってたくさん会話をさせていただくので、不安を解消して今必要なトレーニングをご提案することができます!

まずはカウンセリングだけでもいいので、どんな小さな悩みでもお気軽にお話ください!

※HPプロフィールより引用

友だち追加

LINEを追加でパーソナルトレーニングの予約ができたり、ブログやYouTubeの更新の通知を受け取ることができます!
今体のことで抱えているお悩みのご相談も受け付けているので、お気軽に「友だち追加」をクリックしてください!

公式ホームページ

YouTubeチャンネル

Twitter

Instagram

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

 

・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・トリガーポイント マスタートレーナー

 

友だち追加

LINEを追加することでダイエットや筋トレ、ストレッチなどについてのお得な情報を受け取ることができます!

PAGE TOP