ワイドスクワットの正しいやり方とコツ!膝が痛くなる原因は?

ワイドスクワットをしていると太ももの前だけに効いていたり、膝が痛くなることはありませんか?

そこで今回は正しいワイドスクワットのやり方を解説している動画『内ももとお尻を鍛えるワイドスクワットの正しいやり方とコツ!』のやり方やポイント、効果やメリットとデメリットを紹介していきます!

この動画で紹介しているワイドスクワットを行うことで、内ももやお尻を効果的に鍛えることができるので、下半身の筋力アップや太ももの引き締め、ヒップアップにおすすめです!

やり方はシンプルですが、やり方やポイントを間違えるとワイドスクワットの意味がなくなるので、この記事と動画の両方を参考にしながら行ってみてください!



内ももとお尻を鍛えるワイドスクワットの正しいやり方とコツ!がおすすめの人!

・ワイドスクワットの正しいやり方を知りたい人

・ワイドスクワットで膝が痛くなる人

・ワイドスクワットで太ももの前がきつい人

・太もも痩せしたい人

・ヒップアップさせたい人

・下半身の筋力をアップさせたい人

・自宅でできる筋トレを知りたい人

内ももとお尻を鍛えるワイドスクワットの正しいやり方とコツ!

『内ももとお尻を鍛えるワイドスクワットの正しいやり方とコツ!』は約6分の動画で、ワイドスクワットを効果的に行うための正しいやり方やコツを解説しています!

この動画のワイドスクワットを行うことで、膝が痛くなることなく内ももやお尻をしっかり鍛えることができます!

用意するもの(服装や道具など)

今回用意するものは特にありません!

道具を使わずに十分鍛えることができるので、自宅でも簡単に筋トレをすることができます!

服装も動きやすい服装であれば普段着でも大丈夫です。

必要であれば汗を拭くタオルや水分を用意してくださいね。

このワイドスクワットの正しいやり方とコツ!

このワイドスクワットの正しいやり方とコツを紹介していきます!

ワイドスクワットは足幅を広くして行うスクワットで、主に内ももやお尻を徹底的に鍛えることができます。

それでは詳しいやり方をみていきましょう!

ワイドスクワットのやり方(0分50秒~)

それではワイドスクワットのやり方やポイント、コツを紹介していきます!

まず足幅は大きく開いてつま先を外側に向けましょう。

胸を張って腕を胸でクロスしたら準備OKです!

背筋をまっすぐにしながらゆっくりしゃがみます。

両方の太ももが横一直線になるところまでお尻を下げたら、ゆっくり立ち上がりましょう!

この動きを10回3セット繰り返してください!

ポイント

・足幅の目安はしゃがんだときにすねが床と垂直になるところ
・つま先の方向に膝を曲げていく
・腰が反ったり背中が丸くならないように行う
・速くしゃがまないように注意する
・10回で余裕があれば20回行う

スクワットでつま先が浮く原因は?正しいやり方やよくある間違いは?

内臓脂肪の燃焼にはスクワットがオススメ!正しいやり方やポイント!

内もも引き締め!ワイドスクワットのコツをおさえて効果的に鍛えよう!



ワイドスクワットの効果やメリットとデメリット

メリット

太ももを引き締めることができる

ワイドスクワットを行うことで、特に内ももにある内転筋を鍛えることができます!

内ももの筋肉は普段の生活では意識して使われることが少ないので衰えやすいです。

内ももの筋肉が衰えてしまうと太ももがたるんでしまい、太ももの隙間がなくなってしまいます!

そこでワイドスクワットを行うと内ももをしっかり鍛えることができるので、太ももの引き締めにかなり効果的です。

ヒップアップの効果がある

ワイドスクワットではお尻もしっかり鍛えることができます!

普段から動くことが少なかったり、椅子に座っていることが多いとお尻の筋肉は衰えやすく、お尻が垂れてしまいます。

特に女性の皆さんはお尻を上げたい!という人は多いと思うので、ヒップアップさせたいのであればワイドスクワットは必須ですよ!

体脂肪を燃焼することができる

ワイドスクワットのような筋トレを行うことで体脂肪を燃焼することができます!

脂肪燃焼と聞くと有酸素運動を思い浮かべるかと思いますが、筋トレでも十分に脂肪は燃焼されます。

さらに筋トレと有酸素運動を組み合わせると効果アップですよ!

参考文献:頑固な体脂肪をアスリートの知恵で落とそう | POWER PRODUCTION MAGAZINE(パワープロダクションマガジン)

下半身の筋力をアップすることができる

下半身の筋力は動くことが少ないとすぐに低下してしまいます。

下半身の筋力が低下してしまうと歩くことがキツかったり、階段の上り下りもかなりキツく感じます。

あなたの健康寿命を延ばすためにも定期的に体を動かして下半身の筋力を維持していきましょう!

自宅で行うことができる

今回のワイドスクワットは道具を使わずに行うことができるので、自宅で行うことができます!

広いスペースも必要としないので、いつでも簡単に行うことができますよ。

デメリット

太ももやお尻が筋肉痛になる

ワイドスクワットは内ももやお尻をしっかり鍛えることができるので、翌日に筋肉痛がくる可能性が高いです。

筋肉痛が悪いことではありませんが、痛すぎると日常生活に支障が出るかもしれないので、ワイドスクワットをした後はストレッチをしましょう!

やり方を間違えると膝が痛くなることも

ワイドスクワットのやり方を間違えると内ももやお尻をうまく鍛えることができず、膝や太ももへ過剰に負担をかけてしまう可能性があります。

膝を痛めてしまうとワイドスクワットができないので、内ももやお尻を鍛えたくても鍛えることができません!

怪我をする前に正しいやり方でできるようにしましょう!

まとめ

以上、ワイドスクワットの正しいやり方やコツでした!

今回のワイドスクワットのやり方はいかがでしたか?

正しいやり方でワイドスクワットを行うことができれば、太ももの引き締めやヒップアップ、下半身の筋力アップなど様々なメリットがあります!

ただし、やり方を間違えてしまうと膝を痛めてしまう可能性があるので、この記事や動画を参考にしてワイドスクワットをしてもらえると嬉しいです!

宮原恭樹のプロフィール

宮原恭樹(Koyju Miyahara)

大阪府出身 1994年生まれ

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)
・赤十字救急法救急員
・トリガーポイントマスタートレーナー

【 コメント 】

初めてパーソナルジムへ行く時は、どんなトレーナーが指導をしているのか不安になりますよね。

私の1番のこだわりは、カウンセリングを行いながらお客様の緊張をほどいて、ストレスなく楽しんでトレーニングを受けていただくことを常に心がけていることです。

なりたい女性像や今抱えているお悩みなど、カウンセリングの時間をしっかり取ってたくさん会話をさせていただくので、不安を解消して今必要なトレーニングをご提案することができます!

まずはカウンセリングだけでもいいので、どんな小さな悩みでもお気軽にお話ください!

※HPプロフィールより引用

友だち追加

LINEを追加でパーソナルトレーニングの予約ができたり、ブログやYouTubeの更新の通知を受け取ることができます!
今体のことで抱えているお悩みのご相談も受け付けているので、お気軽に「友だち追加」をクリックしてください!

公式ホームページ

YouTubeチャンネル

Twitter

Instagram



関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

 

・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・トリガーポイント マスタートレーナー

 

友だち追加

LINEを追加することでダイエットや筋トレ、ストレッチなどについてのお得な情報を受け取ることができます!

PAGE TOP