産後ダイエットで運動を始めるのはいつから?安全に行うための注意点!

出産後、妊娠前の体型に戻すためにダイエットを始める方も多く、その方法やタイミングは人それぞれ異なります。

もちろん運動が一番の方法ですが、いつから始めたらいいのか分からない…。

そんな方が大半です。

また、育児をしながらのダイエットにはどんな注意点があるのか、これから産後ダイエットをお考えの方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

それでは、早速見ていきましょう!



産後ダイエットで運動を始めるのはいつから?

産後すぐの体は自律神経やホルモンバランスなどが不安定な状態にあります。

そのような状態でダイエットを開始すると、体に大きな負担をかけてしまうため気を付けなくてはなりません。

最低でも、産後1か月は体をゆっくり休ませるようにしましょう。

産後ダイエットを開始するベストな時期は人によって異なりますが、産後2~3か月目くらいから始めるのが良いと言われています。

もちろん、授乳中に激しい運動を行うのは禁物です。

体調を見ながら無理せず始めるようにしましょう。

また、帝王切開で出産した方の場合、傷口がしばらく痛むと思います。

そのため、産後2か月間は安静にしてください。

傷の回復具合は人によって異なるため、ダイエットを開始する際は医師と相談してから始めるようにしましょう。

本格的な産後ダイエットを始める前に、「産褥体操」を行うのもオススメです。

産褥体操とは、産後すぐに始められる軽い体操のことで、産後の体に負担をかけず体調の回復を促す効果が期待できます。

産褥体操で運動する習慣を身につけることができれば、スムーズに産後ダイエットに移行することができるはずです!

参考文献:産後ダイエットはいつから始める?以前の体型を取り戻す産後ダイエットの方法 | 知っておきたい 妊娠と出産のこと

産後ダイエットでジムに通えるのはいつから?オススメの運動は?

帝王切開の場合はどうしたらいい?

帝王切開の場合の産後ダイエットをする時期の目安は、先ほども少し触れていますが、産後2~3か月後と言われています。

基本的には、自然分娩の場合と比べて回復が遅いと思いましょう。

赤ちゃんを産むためとはいえ子宮壁を切開しているので、自分で思っているよりも体にダメージを負っています。

自然分娩の場合、産後の回復が順調であればママの1か月健診時に許可が降りやすいのですが、帝王切開の場合はもう1か月はしっかりと子宮や傷口を休ませた方が良いと判断されることが多いです。

しかし、人によって回復が早い場合、傷口の状態が良い場合などは、産後1か月でも許可をもらえる場合もあります。

いずれにしても、まずは1か月健診で医師に確認することが大切です。

自己判断で産後ダイエットを始めると、傷口がいつまでも閉じきらないことや、出血してしまうことも否めません。

産後2~3か月を過ぎるまでは、骨盤を優しく引き締めたり、傷口の広がりもケアできる産褥ニッパーやサポーターなどを活用しましょう。

ただし、傷口に触れたり擦れたりするほど強力なサポーターを使用すると傷口の回復が遅れる可能性があるので注意が必要です。

参考文献:帝王切開後の産後ダイエット!骨盤の歪みに効くエクササイズ5選 – こそだてハック



産後すぐにできるオススメの運動!

産後すぐでも始められる簡単な運動をここでは3つご紹介します!

ポイントは「深呼吸をしながら無理なく行うこと」です!

それでは順番に見ていきましょう!

足首の体操

やり方

・仰向けで寝た状態で両足を肩幅ほどに開き、膝をまっすぐ伸ばす。
・足首のみを前後に動かす。
・足首を外側に開く。
※これを15回ほど繰り返し行いましょう!

骨盤の体操

やり方

・肛門と膣をきゅっとしめる。
・肛門と膣をゆるめる。
※これを3回くらい繰り返し行いましょう!

ウォーキング

ウォーキングは、一番簡単にできる有酸素運動です。

担当医の許可が出れば、産後1か月くらいからウォーキングもOK!

血行改善や脂肪燃焼が期待できます。

有酸素運動としてウォーキングをする時の正しい方法やポイント!

有酸素運動にオススメのウォーキングの効果的な速度!距離や時間は?

【有酸素運動】ウォーキングの効果が上がる呼吸法とやり方やコツ!

有酸素運動で行うウォーキングの効果!ダイエットにおすすめ?

参考文献:産後の運動|体型を戻したい!いつからOK?産後スグできる運動も【医師監修】 | kosodate LIFE(子育てライフ)

産後ダイエットで運動するときの注意点!

産後、運動を始める場合は、必ず主治医と相談してから行うことがオススメです。

出産後は、妊娠前よりも筋肉の量が減っているケースが多く、ケガをしやすい状態なので、決して無理はしないでください。

産後ダイエットの注意点

・急に激しい運動をすると、尿漏れや産褥痛などが起こる可能性があります。

運動を始める際は無理のない適度な運動を心がけましょう。

・「痩せなきゃ!痩せなきゃ!」と自分を追い込むと、余計なストレスを抱えてしまうことも。やりすぎには注意しましょう!

また、産後は悪露(おろ)、子宮復古といった誰にでもあることをはじめ、マタニティブルーや産後うつ、産褥熱、血栓性静脈炎、乳腺炎といった心身の異常も起こりえます。

産後は、基本的には安静にしておく期間です。

激しい運動はもちろん、なるべく心身ともに負担をかけないようにして、赤ちゃんとの生活・育児に慣れていくことを最優先にしましょう!

参考文献:【医師監修】 産後ダイエットに効果的!おすすめの4つの方法 | マイナビウーマン子育て

産後ダイエットにオススメの食事レシピ!どんな食材がいいの?

運動をしてもなかなか体が戻らない原因は?

産後に体重は戻ったのに、以前のデニムが入らない…という話もよく聞きますが、これは出産のために骨盤が緩んだのが原因とされています。

もちろん緩みっぱなしではなく、産後3~4か月かけてゆっくり閉じていき、半年程度で固定されると言われています。

でも、その半年の間に骨盤を正しい位置に戻すサポートやインナーマッスルのトレーニングを怠ると、お腹ぽっこりや尿漏れ、冷え性などを引き起こすことになります。

骨盤を正しい位置に戻すサポートを促してくれるのは、骨盤ベルトや産褥ニッパー、リフォームショーツなどなど。

色々な種類が発売されているので、ライフスタイルに合ったものを選んで、毎日続けるようにしてみてください。

参考文献:産後ダイエットはいつから?産後太りを解消するストレッチや食事 | ビューティー|VERY[ヴェリィ]公式サイト|光文社



まとめ

いかがでしたか?

今日は産後ダイエットで運動を始める時期などについて見てきました。

自分がどのタイミングでダイエットを始めたら良いのか分からない…という方は、担当医としっかり相談し、許可をもらってからにしましょう!

ライフスタイルが変わったからこそダイエットのやり方も柔軟に変えて、無理なく、楽しく毎日育児ができることが理想的です。

赤ちゃんと一緒にできるエクササイズなどもあるので、遊びながらダイエットができれば一石二鳥ですよね!

様々なやり方があるので、自分に合ったものを選んでくださいね!

宮原恭樹のプロフィール

宮原恭樹(Koyju Miyahara)

大阪府出身 1994年生まれ

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)
・赤十字救急法救急員
・トリガーポイントマスタートレーナー

【 コメント 】

初めてパーソナルジムへ行く時は、どんなトレーナーが指導をしているのか不安になりますよね。

私の1番のこだわりは、カウンセリングを行いながらお客様の緊張をほどいて、ストレスなく楽しんでトレーニングを受けていただくことを常に心がけていることです。

なりたい女性像や今抱えているお悩みなど、カウンセリングの時間をしっかり取ってたくさん会話をさせていただくので、不安を解消して今必要なトレーニングをご提案することができます!

まずはカウンセリングだけでもいいので、どんな小さな悩みでもお気軽にお話ください!

※HPプロフィールより引用

友だち追加

LINEを追加でパーソナルトレーニングの予約ができたり、ブログやYouTubeの更新の通知を受け取ることができます!
今体のことで抱えているお悩みのご相談も受け付けているので、お気軽に「友だち追加」をクリックしてください!

公式ホームページ

YouTubeチャンネル

Twitter

Instagram



関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

 

・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・トリガーポイント マスタートレーナー

 

友だち追加

LINEを追加することでダイエットや筋トレ、ストレッチなどについてのお得な情報を受け取ることができます!

PAGE TOP