お尻にかなり効く!家でできる簡単な筋トレのやり方やポイント!

「お尻が垂れ下がって足が短く見える」、「お尻が貧相に見える」、「筋トレをしているけど効果が出ない」という人にオススメの動画『家で簡単にできるお尻の筋トレ!どんどんお尻が引き締まっていく!』のやり方やポイント、効果やメリット・デメリットを詳しく解説していきます!

この動画は4分程度の動画でお尻を効果的に鍛えることができるフロッグヒップエクステンションという筋トレを紹介しています。

この筋トレを行うことでお尻を効果的に鍛えることができるのですが、やり方を間違えると腰を痛めてしまったりお尻をうまく鍛えられないので、この記事や動画を参考にしながら行ってもらえると嬉しいです!

ちゃんとできるとお尻にかなり効くので、ぜひチャレンジしてみてください!



家で簡単にできるお尻の筋トレ!どんどんお尻が引き締まっていく!がオススメの人

・お尻が垂れ下がっている人

・お尻の筋肉が落ちて貧相になっている人

・お尻を鍛えているけど効果が出ない人

・筋トレのやり方がわからない人

・体力に自信のない人

家で簡単にできるお尻の筋トレ!どんどんお尻が引き締まっていく!

『家で簡単にできるお尻の筋トレ!どんどんお尻が引き締まっていく!』は約4分程度の動画で、ヒップアップやお尻に筋肉をつけたい人にオススメの筋トレ「フロッグヒップエクステンション」を紹介しています!

この筋トレを行うことでお尻がつりそうになるくらいしっかり鍛えることができます!

この筋トレを継続しているとみるみるお尻に筋肉がついて、ヒップアップや引き締めに効果的です。

用意するもの(服装や道具など)

今回用意するものは特にありません。

道具を必要としないので、家でも簡単に行うことができます!

床にうつ伏せになって行うので、ヨガマットやバスタオルを下に敷いて行ってもいいですが、気にならない方は何も敷かなくて大丈夫です。

必要であれば汗を拭くタオルや水分を用意しておきましょう!

この家でできるお尻の簡単筋トレのやり方!

今回の家でできるお尻の簡単筋トレのやり方は、フロッグヒップエクステンションを行います!

うつ伏せで膝を曲げながら太ももを床から浮かすのですが、これがかなりお尻に効きます。

正しいフォームで行うことで効果的にお尻を鍛えることができるので、ぜひ参考にしてください!

フロッグヒップエクステンション(0分42秒~)

まずうつ伏せに寝たら、両膝をしっかり開いてかかと同士をつけましょう。

顔を下にして軽く腹筋に力を入れたら準備OKです!

この体勢が変わらないように太ももを床から離すようにお尻に力を入れて持ち上げます!

太ももと床の間がだいたい指2〜3本分くらい浮くと思うので、それ以上上げないように注意しながら10回チャレンジしてみましょう。

10回やってみて余裕のある人は15〜20回チャレンジしてみてくださいね。

セット数は3セット行いましょう!

ポイント

・腰が反らないように注意する
・膝が閉じないように足を上げる
・上半身に力が入りすぎないように注意する
・太ももに力が入りすぎないように行う
・正しいフォームで行う

関連記事:自宅でできる簡単な筋トレでヒップアップ!バックランジのやり方!

関連記事:【ヒップアップ】寝ながら簡単にできるエクササイズ・ストレッチ!

関連記事:お尻引き締め!お尻を鍛える筋トレ「クラムシェル」のやり方やアレンジ方法!

この家でできるお尻の簡単筋トレの効果やメリット・デメリット

メリット

お尻に筋肉をつけることができる

今回の家でできるお尻の簡単筋トレを行うことで、お尻をしっかり鍛えることができるので発達した筋肉をつけることができます!

筋肉をつけるためには筋トレとタンパク質の摂取が必須です。

筋トレだけ行っていても食事のバランスが悪ければ効率よく筋肉はつきませんので、今回のお尻の筋トレを行った後はタンパク質や他の栄養素をバランスよく摂取しましょう!

参考文献:筋肉増強の栄養学 筋肉を増やす2つの栄養素とは

自宅で行うことができる

今回の筋トレは道具を使わずに行うことができるので、自宅で簡単に行うことができます!

家事や仕事で忙しくてジムに行けなくても十分お尻を鍛えることができるので、ぜひ参考にしてみてください!

デメリット

フォームを間違えると効果的にお尻を鍛えられない

今回の筋トレのやり方やポイントを間違えると効果的に鍛えることができません。

最悪の場合、腰を痛める可能性があるので、この記事や動画をちゃんと確認しながら行ってもらえると幸いです。

正しいフォームで行うことができれば効果的に鍛えることができるので、お尻に効いていない時はやり方やポイントを間違えている可能性があります。

筋肉痛がくる可能性がある

今回の筋トレを行うことでお尻に筋肉痛がくる可能性があります。

筋トレ後にストレッチを行うと筋肉痛を抑制することができるので、終わった後はストレッチやマッサージなどのケアをしましょう。



宮原恭樹のプロフィール

宮原恭樹(Koyju Miyahara)

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)

小学4年から高校3年まで野球をし、高校では長野県長野市の高校に通っていた。

高校卒業後、2013年に大阪にあるスポーツトレーナーの専門学校に入学し、スポーツ医学や解剖学、トレーニング科学、栄養学などの様々な分野を学ぶ。

2016年にトレーナー業界で難関といわれている日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)を現役で取得。

同年4月から大阪のスポーツ整形外科と併設しているパーソナルトレーニングジムに入職し、最新のトレーニングやスポーツ医学を学びながら、ダイエットやボディメイク、アスリートやスポーツ愛好家のパフォーマンスアップに携わる。

そこで約3000セッションものトレーニングを担当していく中で、トレーニング効果を確実に出すプログラムを立案し、結果を残す。

トレーナー活動では、大学の男子バスケットボール部へ年間を通してトレーニング指導、テニスの大会トレーナー、トライアスロン大会の救護スタッフ、小学校野球チームへの野球肘検診など様々なスポーツにも関わった。

2020年4月より高校時代を過ごした長野市で、大阪のパーソナルトレーニングジムで培った知識や技術や経験をもとに、「長野市をトレーニングで盛り上げたい」という思いから、パーソナルトレーニングスタジオIMPACTをオープンする。

※HPより引用

友だち追加

↑↑LINEでブログの更新をお伝えしています!
友だち追加よろしくお願いします!

公式ホームページ

YouTubeチャンネル

Twitter

Instagram

まとめ

以上『家で簡単にできるお尻の筋トレ!どんどんお尻が引き締まっていく!』のやり方やポイントでした!

今回のお尻の筋トレは参考になりましたか?

正しくできるとお尻の筋肉がかなり効いてくるのがわかると思います。

しかし、ちょっとでも腰が反ってしまったりするとお尻への刺激が減ってしまうので、この記事や動画を参考にしながら行ってもらえると嬉しいです!

なかなかジムに行けない人はこの筋トレを自宅で継続してチャレンジして、筋肉のついた綺麗なお尻を目指してください!

筋トレは続けることが一番大切ですよ!



関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

 

・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・トリガーポイント マスタートレーナー

 

友だち追加

LINEを追加することでダイエットや筋トレ、ストレッチなどについてのお得な情報を受け取ることができます!

PAGE TOP