股関節が硬い人必見!簡単に伸ばせるストレッチの方法3選!

「股関節が硬くて悩んでいる」、「ストレッチをしても全然効果が出ない」、「どのストレッチが効くのかわからない」という人にオススメの動画『股関節が硬い人に効果的なストレッチメニュー3選!やり方やポイント!』のやり方やポイントを紹介します!

この動画は約3分程度の動画で、股関節が硬い人にオススメのストレッチを3種目紹介しています。

股関節が硬いと効率よくトレーニングをすることができなくなったり、姿勢が悪くなって腰痛などの症状が出る可能性があります。

そこで今回のストレッチを行うことで、股関節の柔軟性を高めることができ、トレーニングをスムーズに行うことができたり姿勢が改善して腰痛などの症状が軽減する可能性があります!

最初のうちはストレッチを継続するのが大変ですが、1週間毎日続けると徐々に体が柔らかくなっていることを実感でき、1ヶ月後にはますます股関節が柔らかくなってやる気も漲ってきます!

今回はこの股関節のストレッチがどういう人にオススメなのか、やり方やメリット・デメリットについて詳しくお伝えしていきます!



股関節が硬い人に効果的なストレッチメニュー3選!やり方やポイント!がオススメの人

・股関節が硬い人

・ストレッチをしていても効果が出ない人

・体が硬くてトレーニングに支障が出てる人

・姿勢が悪いので改善したい人

・ストレッチのやり方がわからない人

股関節が硬い人に効果的なストレッチメニュー3選!やり方やポイント!

『股関節が硬い人に効果的なストレッチメニュー3選!やり方やポイント!』は約3分程度の動画で、股関節が柔らかくなる3種目のストレッチを紹介しています。

このストレッチを行うことで股関節を効果的に伸ばすことができるので、柔軟性をアップさせることが可能です!

どのストレッチも道具を使わずに行うことができるので、ご自宅で簡単に行うことができます!

用意するもの(服装や道具など)

今回用意するものは特にありません!

道具を使わないので自宅で行うことができます。

服装についてはストレッチのやりやすい服装であれば普段着でも大丈夫です!

股関節が硬い人必見のストレッチ3種目のやり方!

この股関節が硬い人必見のストレッチ3種目は、主に太ももの前・内側・裏、お尻をしっかり伸ばしていきます!

床に膝をついたり寝ながら行う種目しか紹介していないので、自分が寝られるスペースがあれば行うことができます。

それでは早速3種目のストレッチのやり方やポイントを詳しくみていきましょう!

太ももの前と裏のストレッチ(0分51秒~)

まず太ももの前にある大腿四頭筋と後ろのハムストリングスという筋肉をしっかり伸ばしていきます!

やり方は画像のように足を前後に大きく開いて床に手をつきます。

そうすると前足の太もも裏、後ろ足の太もも前が伸びていることがわかります。

もし伸び足りないという場合は、床に両肘をつきましょう。

そうするとかなり伸びますが、無理をしなくてもいいので自分に合ったポジションで伸ばすようにしましょう。

秒数は30秒キープして、反対も同じように行いましょう。

ポイント

・伸びている筋肉を意識する
・前の膝が外側に割れないように行う
・頭が下がりすぎないように注意する
・呼吸を止めないように行う

お尻のストレッチ(1分41秒~)

2つ目のストレッチはお尻の筋肉を伸ばしていきます!

伸ばしたい方の膝を曲げて、すねを床につけます。

後ろ足を伸ばして床に両肘をついたらお尻がしっかり伸びてくるのがわかると思います!

この姿勢で余裕のある人は両腕を前に伸ばして体を地面に近づけるように行いましょう。

逆にお尻の筋肉が伸びて痛すぎる場合は肘をつくのではなく手のひらをつくようにしてください。

この姿勢を30秒キープしたら反対も同じように行いましょう!

ポイント

・伸びている筋肉を意識する
・骨盤が開かないように真下へ向ける
・呼吸を止めないように行う

内もものストレッチ(2分12秒~)

最後は内もものストレッチを行っていきます!

内ももの代表的なストレッチは開脚ですが、股関節が硬すぎるとうまくできないことがあると思います。

そこでどんなに体が硬くでもしっかり伸ばすことができるストレッチを紹介します!

まず足を大きく開いて床に手をつきます。

足の間に両手をついたら、手で歩くように体を横へ移動させてつま先をタッチします!

これを左右交互に10回行いましょう。

内ももがしっかり伸びてきますよ!

ポイント

・膝ができるだけ曲がらないように行う
・ゆっくり行うことを意識する
・お腹を太ももに近づけるように行う

関連記事:たった1分!座っているだけで簡単に伸びる股関節のストレッチ!

関連記事:股関節がよく伸びる四股ストレッチのやり方!効果やメリットは?

関連記事:開脚ができるようになる!股関節にある内もも「内転筋」のストレッチ!

股関節が硬い人必見のストレッチ3種目のメリットとデメリット

メリット

股関節を柔らかくすることができる

今回のストレッチを行うことで股関節まわりのほとんどの筋肉を伸ばすことができるので、柔らかくすることが可能です!

硬くなってしまった筋肉を徐々に伸ばすことで可動域を上げることができるので、今回のようなストレッチは股関節を柔らかくした人にとってはオススメの内容となっています!

疲労回復することができる

ストレッチを行うことで副交感神経を優位に働かせることができるので、体がリラックスします。

あまり力を入れてストレッチをしてしまうと逆に体が緊張してしまうので、深呼吸をしながらリラックスして行うようにしましょう。

ダイエットの効果がある

ストレッチをして柔軟性が上がると基礎代謝が上がるといわれています。

基礎代謝が上がると1日の消費カロリーが自然と増えるので、痩せやすい体を作ることが可能です!

参考文献:ストレッチ専門店superストレッチ ストレッチの目的と効果

デメリット

ストレッチが痛くて辛い

特に筋肉が痛い人はストレッチを行うと痛くて辛いと思います。

ストレッチはというのは痛ければ効果がある!という訳ではないので、少し痛くて気持ちいい程度で伸ばすことがポイントです!

時間がかかる

ほとんどのストレッチが同じ姿勢で30秒キープして、反対も同じようにして・・・のように少し時間がかかってしまいます。

体を柔らかくするために推奨されている時間は30〜60秒といわれているので、少し時間はかかってしまいますがリラックスしながら行うようにしてください。



宮原恭樹のプロフィール

宮原恭樹(Koyju Miyahara)

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)

小学4年から高校3年まで野球をし、高校では長野県長野市の高校に通っていた。

高校卒業後、2013年に大阪にあるスポーツトレーナーの専門学校に入学し、スポーツ医学や解剖学、トレーニング科学、栄養学などの様々な分野を学ぶ。

2016年にトレーナー業界で難関といわれている日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)を現役で取得。

同年4月から大阪のスポーツ整形外科と併設しているパーソナルトレーニングジムに入職し、最新のトレーニングやスポーツ医学を学びながら、ダイエットやボディメイク、アスリートやスポーツ愛好家のパフォーマンスアップに携わる。

そこで約3000セッションものトレーニングを担当していく中で、トレーニング効果を確実に出すプログラムを立案し、結果を残す。

トレーナー活動では、大学の男子バスケットボール部へ年間を通してトレーニング指導、テニスの大会トレーナー、トライアスロン大会の救護スタッフ、小学校野球チームへの野球肘検診など様々なスポーツにも関わった。

2020年4月より高校時代を過ごした長野市で、大阪のパーソナルトレーニングジムで培った知識や技術や経験をもとに、「長野市をトレーニングで盛り上げたい」という思いから、パーソナルトレーニングスタジオIMPACTをオープンする。

※HPより引用

友だち追加

↑↑LINEでブログの更新をお伝えしています!
友だち追加よろしくお願いします!

公式ホームページ

YouTubeチャンネル

Twitter

Instagram

まとめ

以上『股関節が硬い人に効果的なストレッチメニュー3選!やり方やポイント!』のやり方やポイントでした!

今回のストレッチ3種目はどうでしたか?

どのストレッチもやり方さえ間違えなければしっかり伸ばすことができたと思います。

ストレッチは筋トレと違って毎日行ってもいいものなので、継続して股関節をどんどん柔らかくしてください!

1ヶ月が経った頃にはストレッチの成果が出ていると思いますよ。



関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

 

・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・トリガーポイント マスタートレーナー

 

友だち追加

LINEを追加することでダイエットや筋トレ、ストレッチなどについてのお得な情報を受け取ることができます!

PAGE TOP