バランスボールを使った腹筋と背筋の筋トレ!お腹引き締めに効果的!

「バランスボールを使った筋トレを知りたい」、「お腹がたるんできたので引き締めたい」、「猫背なので姿勢改善したい」という人にオススメの『バランスボールを使った腹筋・背筋トレーニング!やり方やポイントを紹介!』のやり方やポイント、メリットやデメリットを紹介します!

この動画は約5分程度の動画で、バランスボールを使った腹筋と背筋の筋トレのやり方を紹介しています。

どの種目もやり方は難しくないので、簡単に鍛えることができますよ。

ぜひこの記事と動画の両方を参考にして筋トレに挑戦してみてください!



バランスボールを使った腹筋と背筋の筋トレがオススメの人

・自宅にバランスボールがあるけど使い方がわからない人

・お腹まわりを引き締めたい人

・猫背と言われるので姿勢を改善したい人

・普段から腹筋や背筋をしているけどあまり効果が出ていない人

バランスボールを使った腹筋と背筋の筋トレのやり方

『バランスボールを使った腹筋・背筋トレーニング!やり方やポイントを紹介!』は約5分程度の動画で、バランスボールを使った腹筋と背筋の筋トレを詳しく紹介しています。

やり方はとてもシンプルで難しくないので、バランスボールをお持ちの方はぜひ参考にしてください!

用意するもの(服装や道具など)

今回用意するものはバランスボールのみです!

服装については動きやすい服装であれば普段着でも大丈夫です。

バランスボールを使った腹筋と背筋の筋トレのやり方

今回はバランスボールを使ったクランチ、プローンスカプションの2種目を行います!

クランチは腹筋、プローンスカプションは背筋を鍛えることができます。

体の前側と後側の両方を鍛えてバランスの良い体を作っていきましょう!

クランチ(1分10秒~)

この筋トレでは主に腹筋を鍛えることができます!

お腹の引き締めや体幹の強化にオススメの筋トレです。

やり方はまずバランスボールの上に寝ます。

手を頭の後ろで組み、背骨を丸めるような意識で上体を起こします。

この上体を起こす時に息を吐き、胸を張って下ろす時に息を吸います。

これを10回3セット行いましょう!

ポイント

・呼吸を止めないように注意する
・首や肩に力が入らないように行う
・反動を使わない

プローンスカプション(3分9秒~)

この筋トレは肩甲骨周りにある筋肉をしっかり鍛えることができます!

肩甲骨周りの筋肉を鍛えることで、背中が丸くなりにくくなるので姿勢改善に効果的です。

やり方はまずバランスボールの上にみぞおちを当てるようにして寝ます。

アルファベットの「Y」のように腕を伸ばし、背中の筋肉を意識しながら腕を上げます。

回数は10回3セットを目安に行いましょう!

ポイント

・腰を反らないように注意する
・首や肩に力が入りすぎないように行う
・反動を使わない

関連記事:くびれ作りに効果的!腹筋の筋トレ5種目のやり方やポイント!

関連記事:下腹を引き締めたい人必見!自宅でできる簡単な腹筋の筋トレ!

関連記事:一度に全身を伸ばすことができる簡単ストレッチで可動域アップ!

関連記事:姿勢改善にオススメ簡単ストレッチ!猫背改善で肩こり腰痛予防!

バランスボールを使った腹筋と背筋の筋トレのメリットとデメリット

メリット

腹筋と背筋を効率よく鍛えることができる

今回のバランスボールを使った筋トレは腹筋と背筋を効率よく鍛えることができます!

床で行うよりもバランスボールを使っている方がやりやすいと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

バランスボールがあれば自宅で行うことができる

今回の筋トレはバランスボールさえあれば自宅で簡単に行うことができます。

やり方はとてもシンプルなので、簡単に行うことができますよ。

デメリット

バランスをとることが難しい

バランスボールは安定していないので、慣れていないとグラつく可能性があります。

慌てて行う必要はないので、ゆっくり丁寧に行うようにしてくださいね!

翌日に筋肉痛がくる可能性がある

今回の筋トレを行うことで、次の日に筋肉痛がくる可能性があります。

筋肉痛がきているということはしっかり使った証拠なので、悪いことではないです。

ただし、筋肉痛が嫌だという人は筋トレが終わったらストレッチを行うようにしてください。

そうすることで筋肉痛を抑制することができるので、ぜひ参考にしてください!



宮原恭樹のプロフィール

宮原恭樹(Koyju Miyahara)

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)

小学4年から高校3年まで野球をし、高校では長野県長野市の高校に通っていた。

高校卒業後、2013年に大阪にあるスポーツトレーナーの専門学校に入学し、スポーツ医学や解剖学、トレーニング科学、栄養学などの様々な分野を学ぶ。

2016年にトレーナー業界で難関といわれている日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)を現役で取得。

同年4月から大阪のスポーツ整形外科と併設しているパーソナルトレーニングジムに入職し、最新のトレーニングやスポーツ医学を学びながら、ダイエットやボディメイク、アスリートやスポーツ愛好家のパフォーマンスアップに携わる。

そこで約3000セッションものトレーニングを担当していく中で、トレーニング効果を確実に出すプログラムを立案し、結果を残す。

トレーナー活動では、大学の男子バスケットボール部へ年間を通してトレーニング指導、テニスの大会トレーナー、トライアスロン大会の救護スタッフ、小学校野球チームへの野球肘検診など様々なスポーツにも関わった。

2020年4月より高校時代を過ごした長野市で、大阪のパーソナルトレーニングジムで培った知識や技術や経験をもとに、「長野市をトレーニングで盛り上げたい」という思いから、パーソナルトレーニングスタジオIMPACTをオープンする。

※HPより引用

友だち追加

↑↑LINEでブログの更新をお伝えしています!
友だち追加よろしくお願いします!

公式ホームページ

YouTubeチャンネル

twitter

Instagram

まとめ

以上『バランスボールを使った腹筋・背筋トレーニング!やり方やポイントを紹介!』のやり方やポイントでした!

今回のバランスボールを使った筋トレは参考になりましたか?

このバランスボールを使って行う腹筋と背筋の筋トレを行うことでお腹まわりを引き締めることができたり、姿勢を改善することができるので是非やってみてください!

家にバランスボールはあるけど全然使っていないという人も是非やってみてください。

少ない回数でしっかり腹筋と背筋に効きますよ!



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

 

・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー
・日本トレーニング指導者協会認定 トレーニング指導者
・トリガーポイント マスタートレーナー

 

友だち追加

LINEを追加することでダイエットや筋トレ、ストレッチなどについてのお得な情報を受け取ることができます!

PAGE TOP