自宅で腰や背中の凝りを解消できる効果的なストレッチのやり方!

「腰が重だるい」、「背中の筋肉が張っている」、「自宅でできるストレッチを知りたい」という人にオススメの『【腰・背中の凝り解消】自宅でできる効果的なストレッチ2種目!』のやり方やポイント、メリットやデメリットを解説します!

今回の動画は約4分程度の動画で、腰と背中の凝りを解消することができる2種目のストレッチのやり方を紹介しています。

この2種目のストレッチを行うことで、腰や背中を効果的に伸ばすことができるので肩こりや腰痛の予防・改善もすることができます!

また道具を使わずに行うことができるので、自宅でも簡単に行うことができます。

ぜひ今回の記事と動画で紹介しているストレッチを参考にして、腰と背中の凝りを解消しましょう!



【腰・背中の凝り解消】自宅でできる効果的なストレッチ2種目!がオススメの人

・腰や背中の筋肉が常に張っている人

・普段から腰痛や肩こりになりやすい人

・デスクワークが多い人

・姿勢が悪いと言われる人

・自宅でストレッチを行いたい人

【腰・背中の凝り解消】自宅でできる効果的なストレッチ2種目!

今回紹介している動画『【腰・背中の凝り解消】自宅でできる効果的なストレッチ2種目!』は約4分程度の動画で、腰や背中の凝りを解消するストレッチを2種目紹介しています。

このストレッチを行うことで姿勢がよくなったり、肩こりや腰痛の予防・改善することができます。

自宅で簡単に行うことができるので、ぜひ取り入れてください!

用意するもの(服装や道具など)

今回用意するものは特にありません。

家にヨガマットやバスタオルがあれば下にひいて行ってくださいね。

服装に関しては、動きやすい服装であれば普段着でも大丈夫ですので、ストレッチを行いやすい服装でやりましょう!

この腰と背中の凝りを解消するストレッチのやり方!

今回は「広背筋と胸椎の伸展ストレッチ」「胸椎の回旋ストレッチ」の2種目を行います。

ストレッチをする時は呼吸を止めずに、深呼吸をしながらリラックスした状態で行いましょう!

秒数は30秒キープしてください!

広背筋と胸椎の伸展ストレッチ(1分11秒~)

まず1つ目の広背筋と胸椎の伸展ストレッチを行っていきましょう。

普段から猫背が気になる人にオススメですよ!

やり方は四つ這いになり、手を前の方に出したらお尻を後ろに引くように胸を床に近づけます。

そうすることで、わきの辺りがストレッチされてきたらOKです!

この姿勢で30秒キープしましょう!

ポイント

・胸を床に近づけるイメージで行う。
・太ももは床と垂直になるようにする。
・深呼吸は続けておく。

胸椎の回旋ストレッチ(2分22秒〜)

2つ目は胸椎の回旋を行うストレッチです。

やり方はまず横向きに寝ます。

横向きに寝たら上側の膝を90°に曲げ、胸の前で手を合わせます。

手を合わせたら、手を顔で追いながら胸を開いていきます!

この姿勢で30秒キープしましょう!

ポイント

・骨盤とお腹は開かないように注意する。
・ゆっくり脱力しながら開く。
・深呼吸は続けておく。

このストレッチのメリットとデメリット

メリット

背中の張りや腰痛を改善・予防する効果がある

このストレッチでは硬くなりやすい胸椎を十分に動かすことができます。

胸椎を動かすことによって腰の負担を減らすことができたり、肩甲骨の動きも良くなるので背中が張ることも少なくなります。

普段から背中が張りやすかったり腰痛になりやすい人にかなりオススメのストレッチですよ!

姿勢改善の効果がある

普段からデスクワークや長時間同じ姿勢でいると、筋肉が硬くなってしまい姿勢が悪くなってしまいます。

特に「猫背」の人は、胸椎まわりが硬くなっている可能性がありますので、今回の2つのストレッチを取り入れてもらうと姿勢改善につながりますよ!

自宅で行うことができる

このストレッチは簡単に自宅で行うことができます。

ストレッチを行うタイミングは朝起きたときや夜寝る前、運動前や運動後にオススメですよ!

関連記事:肩こり解消にオススメの簡単ストレッチのやり方やポイント!原因は何?

関連記事:姿勢改善にオススメ簡単ストレッチ!猫背改善で肩こり腰痛予防!

デメリット

背中の張りや腰痛がどのくらいで治るのか明確ではない

人によって体の固さや筋力は違います。

人それぞれ個人差があるので、ストレッチの効果にも個人差があります。

ストレッチの効果を得たいときは、1日1〜2回程度毎日ストレッチをしていると十分に効果を出すことができるので、継続的にストレッチを行ってください。



宮原恭樹のプロフィール

宮原恭樹(Kyoju Miyahara)

小学4年から高校3年まで野球をし、高校では長野県長野市の高校に通っていた。

高校卒業後、2013年に大阪にあるスポーツトレーナーの専門学校に入学し、スポーツ医学や解剖学、トレーニング科学、栄養学などの様々な分野を学ぶ。

2016年にトレーナー業界で難関といわれている日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)を現役で取得。

同年4月から大阪のスポーツ整形外科と併設しているパーソナルトレーニングジムに入職し、最新のトレーニングやスポーツ医学を学びながら、ダイエットやボディメイク、アスリートやスポーツ愛好家のパフォーマンスアップに携わる。

そこで約3000セッションものトレーニングを担当していく中で、トレーニング効果を確実に出すプログラムを立案し、結果を残す。

トレーナー活動では、大学の男子バスケットボール部へ年間を通してトレーニング指導、テニスの大会トレーナー、トライアスロン大会の救護スタッフ、小学校野球チームへの野球肘検診など様々なスポーツにも関わった。

2020年4月より高校時代を過ごした長野市で、大阪のパーソナルトレーニングジムで培った知識や技術や経験をもとに、「長野市をトレーニングで盛り上げたい」という思いから、パーソナルトレーニングスタジオIMPACTをオープンする。

※HPより引用

公式ホームページ

YouTubeチャンネル

twitter

インスタ

まとめ

以上『【腰・背中の凝り解消】自宅でできる効果的なストレッチ2種目!』のやり方やポイントの解説でした!

今回のストレッチはしっかり伸ばすことができましたか?

この2つのストレッチを毎日続けていると、体はどんどん柔らかくなって背中や腰の凝りが解消されますよ!

やり方もシンプルで簡単ですので、ぜひ毎日の日常に取り入れてみてください!



関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP